ページ

2013年4月17日

iMacが壊れて直ったでござる

先週の金曜日にiMacが壊れました。悲しいです。スリープから復帰しようとしたら、起きてくれません。再起動すると、起動してくれません。リンゴが出現してくるくるが動きます。そのあと、プログレスバーみたいなのがでて途中で電源が落ちます。

僕のiMacは2010年の夏のモデルです。このモデル、ハードディスクがリコール対象なんですね。かなり前から知っていました。でも、めんどくさいし、iMacの次のモデルがでたら買い替えてたくて、そのための正当な理由はハードが壊れることです。それに、リコール対象とはいってもそんなに壊れることはないだろうと思っていました。もしくは、あと半年ぐらいは大丈夫だろうと。でも、でも、でも、ハードディスク壊れちゃいました。

まあ、数ヶ月前ぐらいからスリープの後、うまく復帰できないことがたびたびあったんですが、ひょっとしたらそれが前兆だったのかもしれません。ちなみに、リコール対象ということもあって、ちゃんとTimeCapsuleにバックアップはとってありましたとも。

ということで、初めてAppleのサポートに電話しました。いやいや、Webから申し込むと、向こうから電話がかかってきました。最初は男の人からかかってきたのですが、僕の操作ミスで電話をきっちゃいました。もう一度申し込むと、今度はおねーさんが電話をかけてきました。よかったよかった。
で、シリアル番号を教えてくれ、っていわれたんですが、そんなもの、起動できないのでわからない、って答えると、iMacの底に書いてあるって。iMacを裏返すと、シリアル番号が書いていました。しかし、小さい。読むのが大変。こんな見えないところに書いてあるんだから、もっと大きく書けばいいのに。このこだわりはわかりません。ちなみに、iMacは片手で持てます。モバイルマシンです。iMacのキャリーケースも売られているぐらい、モバイルです。

で、いろいろお話ししてとりあえず、ハードディスクは交換しようということになりました。翌日の土曜日の夜、黒猫さんが専用の箱を持ってきてとりにきてくれました。いつも来る黒猫さんの人で、重いですね、壊れちゃったんですよ、わはは、とお話しながら梱包されて運ばれていきました。
戻ってくるまで4、5日かかるって言われていたので、次はまたiMacを買うかMacBook Proでならどのスペックで買うかって妄想しながら待っていたら、月曜の夜に戻ってきちゃいました。48時間ぐらいですね。はやっ。妄想モードは終わらされてしまいました。

戻ってきたiMacはホコリもなくきれいでした。液晶もきれいに拭かれていていました。ハードディスクにはクリーンなMountain Lionのインストール直後の状態でした。

ということで、バックアップデータからの復旧とか、アプリのインストールとかが始まるのでした。

まあ、直ってよかった。まだまだ、現役で使えそうでちょっと悲しいかもです。

0 件のコメント: