ページ

2013年2月19日

websocket-client 0.9.0

会社も虎ノ門に引っ越したことだし、立て続けにパッチが二つ来たので、websocket-clientの0.9.0をリリースしました。普通にpip install websocket-client でインストールできるはずです。

変更点は

  • originを変更できるようになった
  • WebsocketApp.sendでopcodeを設定できるようになった
このうち、sendメソッドで何故opcodeを指定出来るようにしておかなかったかはよく分かりません。なんか、忘れていたんだと思います。

それはそれとして、パーフェクトPython がもうすぐ出るので、そろそろwebsocket-clientもPython3に対応する頃です。著者の一人が自分の作ったものをPython3にまだ対応していないなんて、詐欺みたいなものじゃないですか。

一つだけいいわけすると、Python3に対応させようと思ったら、HTML5モバイルアプリケーションフレームワーク Sencha Touchパーフェクトガイド がちょっと大変なことになりそうだったので、そっちの方に時間をとられちゃったんです。全部、Senchaが悪いんです。なので、パーフェクトPythonを買う人はSenchaのパーフェクトガイドも買ってください。同じようにパーフェクトってついているのは、きっと偶然です。

0 件のコメント: