ページ

2012年4月25日

アリエルの新卒の研修

ネタとしてこんな反応を期待しているのに、期待に全く応えてくれないアリエルの新卒達です。ステレオタイプなゆとり世代の反応を見せてくれないので、つまらないですね。

さて、そんなどうでもいいことはほっといて、今、彼らはどんなことをやっているんでしょう?あんまり何をやっているか把握していないんだけどね。

入社して最初の2週間ぐらいは一般的な研修(名刺の渡し方とか電話の出方とか)と、何か調べ物をして怖そうな面々の前でプレゼンをしたりしていました。何か、じゃ分からん?えーと、新製品を企画してそのプレゼンと、アリエルの会社組織がどうなっているかのプレゼンです。どちらもいい感じでした。と言うか、プレゼン、上手です。今時の学生は侮れません。

その後、二人一組のチームに分かれて会社のすべての部署に2週間づつ配属されて、こわーい社員からみっちりしごかれるらしいです。僕は以前から、新人にはすべての部署を体験させるべきだと思っていました。開発として採用した人が一人いるのですが、体験させるべき、って言っておきながら、研修なんて途中で打ち切らせて開発にさっさと配属させちゃえ、って思う自分もいます。まあ、微妙なところです。

一番いいのは、アリエルCTOのように、「研修つまんないです。開発したいです」って傲慢に言ってくれることです。まあ、そんな大物は中々いないですね。 



2012年4月18日

嫁とiCloudのカレンダーを使い始めた

Google Calendarでもいいんだけど、MacとiPhoneを使っていると一番お手軽なスケジュールアプリと言うか、連携先はiCloudのCalendarなのでそれを使っています。自分自身は会社のスケジュールは、会社のグループウェアからGoogle Calendarに自動的に同期がとれるようになっていて、それを見ています。個人のスケジュールはiCloundを通して連携されています。スケジュールのソフトはMacとかiPhoneで標準で持っているモノです。

さて、うちの嫁はずっとカレンダーに書き込んでいました。まあ、それはそれで便利だったのです。でも、数ヶ月前にiPhoneを取得しました。で、スケジュールってiPhoneだとどこでも見えるので便利ですよね〜、と。で、去年の夏ぐらいからMacユーザになっています。で、スケジュールがよく分からない仕組みでiPhoneでもMacでも同じようにすぐに見えます。なので、物理的なカレンダーじゃなくって、MacとかiPhoneの方が便利かも、となりました。

でも、入力、めんどーだよねー、と。で、僕が予定を作って嫁を招待すれば入力の手間いらずで、簡単。と言うことで、子供の学校の予定もろもろはiCloudで共有されるようになりました。

もっとも、学校が予定を直接共有してくれるのがいいんですが、無理でしょうね。 



2012年4月16日

問題が起きたときにどうするかだと思うんだが・・・

基本的にすべてのことは人がやることなので、全く問題がないように完璧にはできないです。なので、程度の問題はありますが、何かをやって問題があってもそれ自体は仕方のないことです。問題が発生したら、次に同じことをやらないように何かを修正するとか、完璧を目指す努力は必要です。でも、どんなに頑張ったところで、やっぱり完璧にはできないです。

仕事は、ちゃんとこなすことは大事です。僕はあまり完璧を求めないので、完璧を目指しすぎる人を見ると、もっと妥協すべきだと思っちゃいます。どんなに完璧を目指しても問題が発生する余地は十分にあります。なので、それと同時に問題は発生するモノとして、問題が発生したときにどうするのか、って言うことを考えないともったいないというか、意味がないというか・・・。前日にインフラをいじったら翌朝、何かあるかもしれないとか・・・。

アリエルの場合、問題を起こすこと自体は、誰もせめないです。小言は言われますが・・・。まあ、そんなことをつらつら考えた月曜の朝でした。 



2012年4月13日

アリエルには新卒の新入社員がいるらしいという噂


アリエルは、創業間もないころに一部の人の反対を押し切って当時の社長が新卒採用をしたことがあります。それはいいことだったのか、悪いことだったのかはわかりません。それから10年ぐらいたって、アリエルも新卒採用するお年ごろになりました。こんなのです。このページ自体はどうでもいいのですが、その中に人事ブログなんていうのがあるじゃないですか!ということで、さっそくのぞいてみました。

で、わけもわからず、このページを開きます。な、な、なんと、新入社員の写真がさらされているではないですか!男性二人女性4人という構成です。かなしいことは、頑張っているんですが、なかなか名前を覚えられません。ちなみに、左上の男性はニックネームが「うどん」さんです。

10年ほど前に採用したときは、ライオンの子として育てるべく、谷から突き落としてそのままにしていましたが、今回は10年の反省を経て新人研修をいろいろやっているようです。ういういしい姿を見ながら、6人が固まっているのでなかなか話しにくいです。僕は奥手なのです。

新人の初々しさは期間限定かもしれないので、気になる開発者の人は見に来てください。ただ、悲しいことに、もう、スーツはあまり来ていないようです。残念です。

 

でわでわ




2012年4月11日

ありえるえりあミニ勉強会、やります

ありえるえりあミニ勉強会」、やります。えっ?タイトル変わったんじゃないかって?そこに気づいたあなたは、十分ありえるファンです。今回からしばらくは、月1ぐらいのペースで同じテーマにそって勉強会をします。ありえるえりあ勉強会と違って、時間的にも少し軽めになるはずです。しばらく続くテーマは、スマートデバイスに関してSencha Touchです。ついでに、Sencha Touchのベースになっているext.jsについてもおりまぜながら…。

募集人数が30人なんですが、残念ながらもう、埋まっています。ミニ勉強会は募集人数を増やす予定がないというか、会場もないというか・・・。

さて、 なぜ、今回から「ミニ」がつくようになったのか?ありえるえりあ勉強会はそこそこ大きな会場を使っていて、大きな会場で少ない人しかいないと、寂しく感じられちゃいます。そのせいでそこそこの人数を集めようと言うことになります。たくさん来て盛り上がったりするのもいいのですが、人が増えるに従って、僕が最初に目指していたものとは違うと感じ始めました。それ以外にも、100人ぐらい人を集めるのはいろいろ運営上の負担も大きく大変だったってのもあります。

ということで、しばらくは「ミニ」でやっていこうということになりました。まあ、決めているのは僕なので、なったというより、そうしただけですが・・・。

で、規模が小さくなるだけなら悲しすぎるので、3ヶ月から半年に一回、「ミニ」がつかいない従来のありえるえりあ勉強会をやります。ミニの勉強会の集大成的なものにするか、全く別のモノにするかはまだ、決めていませんが…。

 

でわでわ