ページ

2012年3月27日

「過保護の反対 | ありえるえりあ」を読んでみて・・・

過保護の反対」はとっても面白いです。何が過保護か?とか、新卒の教育などをどうするか?って言う話はここでは置いておきます。

読んで最初に思ったのは、設定手順書に何が書かれるんだろう?って言うことです。一昔前のThunderbirdなりのメーラーなら、smtpサーバやPOP,IMAPサーバを指定していました。でも、今のThunderbirdは表示名とメールアドレス、サーバに接続するためのパスワードを入力したら残りは全部、自動でやってくれます。サーバ名なんて気にする必要がありません。まあ、たまに失敗する環境もありますが、社内の環境に関しては大丈夫です。

まあ、この程度ならA4の紙一枚で事足りるので、あってもなくてもいいですね。

次に思ったのが、記事の書き手が設定方法が10年前と変わっていないと思っていることです。こうしたソフトがシステム的に類推できるような設定は自動化する、もしくは、隠蔽するのは正しい流れだと思います。Emacsでちまちま手で設定するのも否定はしませんが・・・。 

 結局、新卒で入ってくる人たちには仲良く、社内のサーバをクラッキングして欲しいと思う今日この頃です。

 

でわでわ 



0 件のコメント: