ページ

2012年2月20日

開発でプレスリリース発表会をした

半年か1年ぐらい前に、開発チームで製品カタログかプレスリリースを作ると製品全体の方向性とかがわかっていいよ、っていう記事をどこかで読みました。ソースが見つけられなかったので、ごめんなさい。確かに、日々の作業をやっていると、自分の行っていることの全体的な位置づけとかわからなくなるので、いいアイデアかもしれません。と言うことで、アリエルでも一週間ほど前に次期バージョンのプレスリリース的なものを開発で作って見ました。

とりあえず、一日割り当てて各個人に作ってもらいました。大きな方向性とか、大きな機能はある程度は事前に僕とかが書いたりしていていました。 なので、大きく外すはずもないのに、たぶん、僕の書いたものを読んでいないのかも、って思うものもありました。

今回の目標は大きなビジョンを共有することが第一目的でした。なので、発表内容はそれを大きく外すものなく、いい意味で想定の範囲内でした。まあ、表現が稚拙すぎる、とかありますが、それは開発者なので仕方ないかも。

で、今回はプレスリリースという位置づけの発表でした。なので、読む人はこれから顧客になるかもしれない人たちです。ですが、発表される内容はどちらかと言えば既存の顧客に向けた内容、表現になっていました。開発者は顧客の方向を向いていて開発しているから、そうなったのでしょう。 ある意味で、決して悪いことではないです。別の意味では、また別の機会に。

たぶん、今回は初めてだったので、あと何回かは続けてみたいと思っています。 



0 件のコメント: