ページ

2012年1月5日

第8回ありえるえりあ勉強会のお知らせ


あけましておめでとうございます。年もあけて、みなさん、新年の抱負を胸に抱きつつ、日夜技術への探求を続けていると思います。そんなエンジニアのためかどうかは知りませんが、1月20日にありえるえりあ勉強会を行います。今回で8回目となりました。やっと8回目・・・。回数が少ないのは僕のせいが半分、会場の確保が大変なのが半分です。

さて、今回の勉強会のタイトルは、実行委員長が暴走して「初めてさわる! おっ!? pypy ( ゚∀゚)o彡」になりました(タイトルは「pypyのキホンの気」に変更になりました)。タイトル、ふざけてますね。でも、内容は、pypyの紹介に始まります。pypyって、pythonで書かれたpythonの処理系です。pypyの紹介ではそんなことは当たり前として、pypyを使って自前の言語「おっXX言語」の実装方法について説明があるかもしれません。

その後に、どう言う内容になるかよく分かっていないんですが、静的解析について話が続きます。これは、もうちょっと概要が分からないと説明できないです。ごめんなさい。

それからJITについてです。誰かが「今時の言語でJITがついていないモノって、ふっ」って笑っていましたが、そのJITの一般的なお話とpypyのJITの仕組みについてのお話です。

多分、Pythonに限らず、言語の処理系のお話などに興味のある方であれば楽しめると思います。Pythonに期待しすぎると、つまらないかもしれません。タイトルはふざけていますが、中身はものすごいです。 見かけに騙されちゃいけません。

 

それでは、興味のあるひとはどうぞ。 





0 件のコメント: