ページ

2011年11月30日

MintLinux 12にバージョンアップ!

先週、Mint Linux 11をインストールしたばかりですが、その翌日にMint Linux 12がリリースされ、とほほ感が強いです。まあ、でちゃったものは仕方ないし、待ちきれない僕も悪いし、複雑な心境のお年頃です。

さて、とりあえず、バージョンアップ!と言うことで、何を間違えたかクリーンなインストールになってしまいました。まあ、emacsしかセットアップしていなかったので、なんでもいいです。

さて、12にすると、Gnome 3のunityと並んで悲しみのUIになっています。一気にMint Linuxの評価が下がります。11のまま、とどめておけば良かったと。まあ、それでも、素のUbuntuよりは幾分ましなんですけど。いや、かなりまし?

と、後悔にうちひしがれていると、Mint LinuxにはMateなるものが存在するというお達しが・・・。スクリーンショットを見る限りだと、いい感じに見えます。余分なものもなく、起動したいモノもすぐに見つけられます。必要としていたカスタマイズ項目もそろっています。まあ、高度なことをしたいわけでも無いので、デスクトップはGnome2相当のままでいいのかもしません。あっ、Mateのインストールはsudo apt-get install mint-meta-mateで。日本語の入力はibusでmozcで動いています。メニューとかその辺は、英語のまま使っています。フォントはRicty入れています。

Gnome3とかUnityは慣れの問題とまだ、こなれていないっていう問題があるんだと思います。慣れはまあ仕方ないんですが、それに加えてこなれてない感があまりにもひどかったので、みんな嫌っているんじゃなかろうか?あと、一年とか長い目で見ないとダメだと思う。それまでは、Gnome3もUnityも使わない。

そんな感じ。でわでわ。



0 件のコメント: