ページ

2011年11月3日

あれからソフトバンクの電波はどうなったのか?

「あれから」って言うのが「いつから」なのか分かりませんが、ソフトバンクの回線はどれくらい快適に使えるんでしょう?と言うことで、東京駅から平塚のあたりまで、Huluでビデオストリーミングという回線事業者にとってはきっと、とてつもない迷惑なもの(たぶんスピードテストよりは実利ある分迷惑じゃないはず)をiPhone4sで見ながら試してみました。ちなみに、Huluはかなりバッファリングするので、電波が完全に届かないトンネルの中でも数十秒ぐらいであれば動画は途切れることなく見れます。

まずは、東京駅です。時間は夜の7時ぐらいです。何故、東京駅?っていうのは、ちょっと電器屋さんに行ったからです。東京駅では、電波はちゃんときています。ネットワークにはつながりますが、10分待っても動画は再生が開始しません。と言うことで、再生が開始されないまま、電車は発進しました。新橋についてもまだ再生はされません。新橋を発車直後ぐらいから再生が始まりました。でも、品川駅に着くまで動画は途切れ途切れです。まあ、そんなものです。

驚いたのは品川駅で停車中に電波が入って動画が再生されたことです。何を驚くかって?一年前は品川駅はソフトバンクの電波の暗黒地帯だったので、電波があることだけじゃなく、動画まで再生されるのは驚きなのです。品川駅を出発すると、ちょっとの間、広い線路になります。このあたりは電波が弱くて途切れます。でも、広い線路のエリアを抜けるとそこそこ、動画を再生できます。多摩川とか、横浜駅の手前、大船駅とそれからちょっとだけの区間ぐらいで動画が止まったりしましたが、それ以外はほぼ動画は再生され続けました。驚きです。

東京 - 横浜間は割と画質は悪い状態が続きました。でも、横浜を過ぎて"都会"じゃなくなると、画質もよくなります。山手線は苦手らしいですが、予想以上にソフトバンクの電波いいんじゃないでしょうか? まあ、東京人大杉ってことなのかもしれません。

 

でわでわ 



0 件のコメント: