ページ

2011年10月19日

Ubuntu 11.10にバージョンアップ

会社の開発環境はUbuntuを使っています。一応、このご時世ですのでIEは無視できないです。そのためIEの動作確認用にWindowsはVirtualBoxの中で動いています。

Ubuntuはつい先日11.10っていうリリースがありました。僕はリリースされたその日にアップデートして使っています。仕事の環境が壊れても、本当に必要なデータはローカルにはないので、数時間で復旧できます。そのため、何も考えずに作業しちゃいます。

で、11.10。 このリリースからUnityと言うのがすべての人に強制されます。11.04の頃は、最初は喜んで使っていましたが、いまいち使いにくいので昔の表示に戻してしまっていました。そして、11.10はその昔の表示のやつがいなくなってUnityだけになってしまいました。デフォルトはね。

このUnity。Ubuntuを全否定したくなるほど中途半端というか、使い勝手が良くないというか・・・。Ubuntuを含めたLinuxのデスクトップ環境を使うのは変態だけです。いやいや、コンピュータに詳しい人だけです。それでもgconf-editor(Windowsでいうレジストリエディタ)とか使わずに普通に設定を行いたいわけです。でも、ほとんどの設定項目がありません。デスクトップのフォントを変更すらgconf-editorを通してでないと出来ません。Unityのランチャのバー(なんて言うのかしらない)のサイズ変更も位置の移動も簡単には無理です。10年以上前に戻った錯覚すら憶えます。

メニューの位置はまあいいとして、通常の状態ではメニューの項目が隠れています。僕は隠さないで欲しいです。 それから、アプリの起動の方法も中途半端だし・・・。

ちょっと前まで普通に出来ていたことが出来なくなります。あまりにも悲しいです。本当の初心者を相手にするなら、フォントの項目は入らないかもしれませんが、大多数のユーザは変態です。そんな変態たちにいろいろな設定項目を隠すのは間違っています。

ちょっとだけ我慢して使いましたが、あまりにも使いにくいので、xfceにしちゃいました。快適です。

でわでわ。 



0 件のコメント: