ページ

2011年10月15日

おっ! Siriを試す

iPhone4sのセットアップも一通り終わったので、噂のSiriを試してみました。とりあえず、リストされている言語の中で使えそうな英語なので、英語(アメリカ合衆国)に設定します。ちなみに、僕はJapanese accentな英語です。

 まず、「I love you.」って言うと浮気するな、みたいなことを返してくれるらしいので、ここから始めます。すると、「I hope you don't say that to those other mobile phones, Hiroki.」って言ってました。Hirokiっていうのは僕の名前ね。もう一度「I love you」って言うと、「Oh, stop.」って言います。ちょっとはいろいろ考えているみたいです。

「I love you.」で通じたので、僕がいつも音声認識で試す「I want to eat Hambargar.」って言います。あんまり意味はないです。大昔のロータス時代の名残です。すると、「Sorry, Hiroki. I can't look for restrants in Japan.」 っていわれます。日本語を認識しないだけじゃなくって、日本に関する情報が登録されていないようです。「How can I go to XXX station?」って言うとやっぱり、 「Sorry, Hiroki. I can't look for placesin Japan.」って言われます。日本語がわかってくれないだけじゃなく、Siriは日本を知らないらしいです。道に迷ったときに渡辺謙に話しかけるみたいに話すと案内してくれると思ったのに、ダメそうです。

で、Siriって何ができるの?そんなことは彼女に聞いてみます。「What can you do?」すると、「You can ask things like:」ってでて、いろんな例文が出ています。それじゃ、と言うことで、例文通り「How can I get home?」って言うと、Which home for Ohtani Hiroki?ってでてアドレス帳にある僕の住所から、どっちかを選べ、って出ます。なぜ、僕にhomeが二つあるんだ?と思いつつ片方を選択すると、I can't find xxxって言われて、やっぱり僕の家を見つけてもらえません。

とりあえず、日本語だけじゃなく日本じゃまだ、使えなさそうなので、Siriをオフにします。電気もたくさん食いそうだし・・・。

 

でわでわ 



0 件のコメント: