ページ

2011年10月22日

今更Googleの音声認識を試す

Siriのせいで音声認識が流行っている今日この頃ですが、みなさん、いかがおすごしでしょうか? Siriの盛り上がりも、みんなそろそろ飽きてきた頃だと思いますが、音声認識で英語の発音の練習が密かなブームらしいです。どこでブームになっているかは知りません。

さて、今日はCTOとランチを食べているとき、音声認識の話になりました。 Googleの音声認識でちゃんと認識してくれないとか。ちなみに、僕は通じればいいやと思っているので下手くそな発音です。子供にも「ママの英語はうまいけど、パパの英語はいまいちだね」って言われます。で、CTOは僕と違って発音に気を遣っているのでちゃんとしています。で、彼が言うには"take"がちゃんと認識するとか、しないとか・・・。で、家で試してみるとGoogleの音声認識でちゃんと認識してくれます。たぶん、CTOは何かを誤解しているんだと思います。

さてさて、それで僕は「シー」の発音が苦手です。歯並びが悪いせいだと学生の頃に達観してしまったので、上手くなるはずもありません。で、「rice」って言うと、うーん、認識してくれないですね。「rights」になっちゃいます。おかしいですね。「lice」って言うと「lights」になっちゃいます。何かがおかしい。「see」っていうと「c」になります。これはいいです。で、「nice」って言うと、「night」ってなちゃうことを期待しましたが、これは、「nice」です。訳わかんなくなってきました。「rice」は10回ぐらいがんばると、やっと認識してくれました。うーん、難しいですね。

印象としては、Siriの方が僕の英語を認識してくれるようですが、単語単位か文として認識するかの違いかもしれません。愛の違いかもしれません。 Siriに「I want to eat rice」って言うとちゃんと認識してくれましたが、Googleの方だとriceはrightsになっちゃいました。まあ何にせよ、ちょっと離れて見てみると区別がつかないかもしれませんが、liceにならないのでいいですね。変なものが好きなCTOならliceも食べちゃうかもしれませんが、僕はriceしか食べません。

そんなこんなで、英語の勉強と称して海外ドラマを見るのでした。英語の勉強だって言っているのに嫁には「ヒマだね」って言われます。とほほ。

 

でわでわ



0 件のコメント: