ページ

2011年8月11日

Time Machineにお願い

デジタルなデータは増加の一途をたどります。写真だけであればまだ、100Gぐらいでなんとかなるかもしれませんが、HDな動画を含めると数百Gにもなります。と言っても僕が持っているのは、実際は300Gぐらいです。

今まではバックアップは、rsyncなど複数のMacに同じデータを持たせて冗長性を高めていましたが、 僕のメインのiMacはまだディスクに余裕がありますが、ノートPCは256Gしかないのですでにバックアップとしての機能アー破綻していました。

失ったらどうなんだ?っていう疑問もあったりもしますが、やっぱりバックアップはとっておいて失いたくはありません。NASを買ってそこにバックアップすればいいのです。Macなので、Time Machineを使って何も考えなくてもバックアップがとれているのがうれしいです。もう、40前なのでコマンドでちまちまとか、がんばって環境を整えるとかは嫌です。ということで、NASでTimeMachineが使えるものと言うことで、BUFFALO ネットワーク対応HDD LinkStation 2.0TB LS-CH2.0TL
があります。この人を使えばよさげです。でも、Liionさんと一緒に使えないとか言う情報もあります。家の無線LANのルータは調子が悪くなってきて、一月に一度ぐらいはリブートしないと使えません。ということ、Time Capsuleを買いました

セットアップは楽ちんでAir Mac ユーティリティというのを使えば簡単にセットアップが終わってしまいます。でも、悲しいことにアクセスポイントの名前が「hogeのネットワーク」みたいに、デフォルトだと日本語がはいります。Windowsからみると文字化けするので名前は英語にあとで修正しました。

すぐにバックアップがとられ初めて、満足満足。それから、ネットへの接続が早くなった気がします。前のルータもスループットは悪くなかったのですが、レイテンシーが悪かったのかもしれません。まあ、これで安心です。




0 件のコメント: