ページ

2011年8月30日

pycon.jp 2011に行った

世間の流れ的には民主党の代表戦で次期首相があついかもしれませんが、先週の土曜日はPyCon.jp 2011がありました。僕の働いているアリエルもスポンサーの一つになっていて、それで行ってきました。正直に言うと、土日は家でのんびり子供と過ごしたいですが、たまにはそういうのもいいかもしません。

家庭があると、週末にずっと外出するのは大変なので、夕方には帰路につきました。最後まで入れなくてごめんなさい。まあ、その中でも、あまり会わない人とか、時々会う人とか、ちょっとお話ししたり、挨拶したりでした。発表の内容はいろいろな人が感想を書いているので、そっちをみてください。

主催者側の発表によると200人以上が来たそうです。無料のイベントならともかく、有料の週末のイベントにこんなに沢山集まるのはちょっとした驚きです。5年ぐらい前であれば、イベントに顔を出す人はだいたい顔見知りだったと年寄りっぽく誰かが言っていました。年々イベントの規模は大きくなって知らない人も沢山いますね。

コミュニティが大きくなると、少し寂しさも感じます。 

それから、別の誰かが「女性が沢山いる」って言ってました。僕は数人しか見かけなかったのですが、言語のイベントはむさ苦しい男たちの集まりって偏見がありましたが、時代の流れでしょうか?

楽しいイベントだったのですが、やっぱり週末は家でのんびりしたいです。

 

でわでわ 



0 件のコメント: