ページ

2011年8月26日

周回遅れのスマフォ

ジョブズがCEOを辞任したとかで世の中を騒がせていますが、世間は移ろいやすいモノです。そんな中、僕の知り合いの40才を目前にした開発者が最近、「スマフォでモバゲー」と叫んだかどうかは分かりませんが、Andoridのスマフォを買いました。彼は絶対に買わないと信じていたので、これほどショックなことはありません。使いこなす、と言うか、文字を入力できるか、とても心配です。

それは、先月のことでした。いきなり「Android携帯を買おうと思っているんですけど、何がいいですか?」っと。僕は一瞬、耳を疑いました。彼は、スマフォどころか携帯すら持ったことがありません。どんな心境の変化があったのかは分かりません。まあ、普通の人にそんなこと聞かれても興味がないので、なんでもいいでしょ、と答えます。しかし、今回は違います。

「最近のAndoridはいろいろできます。 テレビも見れるし、おサイフケータイも使えます。それらの機能をもった最新式を買いましょう」とアドバイスしました。僕はiPhoneのほうが好きですが、自分でAndroidを買うとしたら絶対に買わないスペックです。彼はテレビが見られることに食いついてきました。

お昼ご飯が終わった後に、近くのショップに行って物色しました。販売のおねーさんが、「今持っている携帯は何ですか?MNPをすると端末代がやすくなります」とか説明すると、彼は「携帯は持っていません」って。おねーさんは一瞬不思議そうに彼を見てから、ありえない、っていう笑みを浮かべたのを僕は見逃しません。いろいろ、機種について彼は質問をしているようです。3Dカメラが付いているのを僕がすすめると、「目が疲れる」と言って却下されました。ろっ、ろうが○×△。

結局その場では買わずに、週末にこっそり買ったようです。今、一体、何に使っているか興味があります。時々、Googleの音声認識でちゃんと認識してくれない、って嘆いています。

スマフォのお話はまた、続くかも。 

でわでわ 



0 件のコメント: