ページ

2011年8月17日

今年のお盆の東名高速道路はどうだったか?

暑い日が続きます。夏です。夏と言えば、お盆と夏休みです。と言うことで、お盆に夏休みで実家に車で帰りました。今年から片道1000円はなくなってしまいました。それで高速道路はどうなんだろう?と、とてもわくわくしていました。

参考までに、去年は行きは大体9時間ぐらいかかりました。帰りは何故か混んでいなくって、とても空いていたので、休憩を入れて6時間ぐらいです。まあ、休日料金1000円だと1.5倍ぐらいの時間がかかっていました。

さて、今年はどうだったかというと、割とずっと空いていました。 11日に移動したのですが、ちょっと早かったせいなのか、1000円がなくなったせいなのか、工場などの節電のための夏休みの分散化のためなのか・・・。とにかく、わりとすいすい移動できました。渋滞があったところは、何も無くても時間帯によって渋滞するところだったり、横で工事をしていてそれで速度が落ちて渋滞になったところのようです。

高速料金は僕が利用する区間だとだいたい7000円ぐらいです。1000円に比べると高いです。でも、渋滞している時間を時給に換算するとそんなに高いって言うほどでもないんです。まあ、1000円で渋滞しないなら1000円の方がいいですが・・・。まあ、東北の方はかなり渋滞したみたいなので、値段がかなり効いているのでしょう。1000円になる以前のことはあまり思い出せません。

さて、車での渋滞がなくなるのはいいとして、その分、みんな移動しなくなっているはずですが、経済効果としてはどうなんでしょう?休日料金をなくせば、本当に税収が増えるのか、やっぱり、地方に落とすお金が減って税収が減るのか、教えてください。

でわでわ 



0 件のコメント: