ページ

2011年4月29日

Ubuntu 11.04をインストール

Ubuntu 11.04がでたので、家のiMacのVMWare上にインストールしました。11.04はベータ版を会社のマシンの仮想マシン上で動かしていたので特に感想はありませんが、やっぱり、だんだんMacみたいになってきているな・・・、と感じます。それがいいか悪かは、人によって違うようですが・・・。

さて、OSのインストール自体は普通です。そのあとやったことたちです。

まず、VMWare Fusion3上にインストールしたのですが、FusionはLinuxをゲストにしているときに3Dが有効になりません。Parallelsの最新は対応しているらしいので、VMWareもがんばって欲しいところです。11.04の売り文句にunityの導入がありました。unityの大きな特徴の一つはメニューバーがウィンドウの中ではなく、パネルに格納されます。でも、unityは3Dが使える環境でないと有効になりません。つまり、VMWareで使うときは素の状態ではメニューはパネルではなく、ウィンドウの中にいます。それでも困らないのですが、11.04を使っている感じがしません。そういうときは、sudo apt-get install unity-2dのおまじないを唱えると解決します。これで、Macみたいにメニューがパネルに格納されます。おっと、おまじないを唱えた後に、パネルに「インジケータアップレット・アプリメニュー」を追加するのを忘れないで。

さて、その後いろいろやるのに、vimがいないとつらいです。vimっていうのは、設定ファイル編集エディタです。きりっ。なので、sudo apt-get install vim-noxです。さて、そのあと、/etc/apt/source.listでcanonicalのソースを有効にして、みんな嫌いなsun-java6-jdkをインストールします。インストールができたら、sudo update-alaternatives --config javaで使用するJavaを切り替えます。

メールはEvolution?何それ? おいしいの?ということでsudo apt-get install thunderbird-locale-jaでthunderbirdを召喚します。Firefoxは4.0がインストールされているのでそれでもいいのですが、Chromeをダウンロードしてインストールします。Eclipseとか、Oracleはまあ、別の機会に。

その後、ツールバーがでかかったり、文字が表示されているのが嫌なので、それを設定します。昔は普通のUIからできたと思うんですが今はgconfから直接いじらないといけません。gconf-editorを起動して、/desktop/gnome/interfaceのtoobar-icon-sizeをsmall-toolbarに、toolbar-styleをiconsに指定します。これでツールバーはちっちゃく、アイコンだけになりました。

他にもやったような気がしますが、まあ、そんなところです。

でわでわ

ついでに、この画像みたいにウィンドウの右下に無様な四角でウィンドウの大きさを変えるつまみがあります。こういうところがまだまだというか、やっつけなんだよな・・・。

0 件のコメント: