ページ

2011年4月28日

Chrome 11が出たのでHTML5のSpeech API

今日は何かと忙しい日ですが、Chrome 11がリリースされました。いろいろ変わったところもあるようですが、Speech APIが搭載されたとよく聞きます。Speech APIはGoogle Translateで既に利用可能だそうです。早速試します。僕が試したときは、日本語は無理でした。英語なら入力できます。まわりを気にしながらしゃべりかけてみると・・・、僕の発音ではちゃんと認識してくれません。悲しいです。それで、英語教材の音を認識させてみると・・・、やっぱりちゃんと認識してくれません。ひょっとして文のように長いものだとダメ?と思って単語をひっそりとささやくと・・・、今度は認識してくれました。Googleは優秀ですね。

さて、Google Translateのhtmlを見てみると、inputタグにspeechとx-webkit-speechという属性が二つ書いてあります。残念ながらspeechていう属性はまだ飾りのようです。まだ、webkitの独自機能なんでしょうか?まあ、Speech API自体はそんなに興味がないのです。langは音声認識エンジンの言語なんでしょう。langがないとブラウザのロケールに応じて音声認識エンジンを変えてくれるみたいで、日本語もちゃんと認識してくれました。

で、こんなhtmlを使って試してみました。マイクのアイコンがinputのフィールドに出現して、それをクリックすれば認識してくれます。とっても簡単ですね。でも、やっぱり、ちょっと試してみるのが恥ずかしく、大昔の音声認識関係の仕事の恥ずかしいことを思い出すので、もう、近づかないことにします。

<html>
<body>
<input type="text" speech="speech"
  x-webkit-speech="x-webkit-speech" size="20" />
</body>
</html>

それから、speechに対応しているタグは今のところinputタグだけらしいです。textareaは「改行とかどうするんじゃ?」と言うことらしいです。

でわでわ

0 件のコメント: