ページ

2010年10月25日

Komodo Edit 6をインストール

Emacsは使わないと宣言しておきながら、今だにEmacsを使い続けています。意志が弱いです。Emacsを使わないふりをするために、その代替としてKomodo Editを使っていました。Komodo IDEと言う人は売り物で、理不尽に高いです。Komodo Editはそのエディタ部分を抜き出してフリーになっています。OpenKomodoでオープンソースで開発しているとかしていないとかで、宗教的な理由でオープンソースじゃないといけない人でも大丈夫かもです。

さて、そのKomodo Editですが、油断をしていてたらしばらく使っていませんでした。気がつくとバージョン6がでていたので、インストールして、またKomodo EditのユーザになってEmacsを卒業する決意をしました。

なかなか信じて貰えないので、証拠画像です。信じて貰えたでしょうか?

Komodo Editはコード補完やfoldingなど、コードを書く上で必要そうなことはほぼできます。ソースコードのツリービュー(クラスやメソッドなどの一覧)がプラグイン(NST - New Source Tree)でできるのですが、それは僕のところでは動きませんでした。何か別のプラグインとコンフリクトしてんじゃね?と言う人もいるらしいで、iMacにもインストールして確かめてみます。

とりあえず、インストールしただけでまだ、何も試していません。UIが大きく変わるとかで一時期騒がれていたらしいですが、以前のバージョンからUIが何が変わったか分かりません。まあ、ほとんどKomodo Edit使わずにEmacsを使っていた罰です。きっと。

と言うことで、僕は今からEmacsユーザではなくなりました。きっと。


さてさて、Komodoを家のiMacにもインストールしましたが、やっぱりNSTでソースツリーは見えません。やっぱり壊れているようです。でも、インストールした0.49というバージョンはとっても安定しているとか書いています。困ったものです。

0 件のコメント: