ページ

2010年10月23日

本をiPhoneとかiPadで読む

iBooksというか、iBooksの本を購入できる環境が中々できないし、Kindleも日本語の本を売ってくれません。でも、電子書籍を読むってどうゆうことか、やってみないとわかりません。種類は多くないですが、iPhoneでもアプリとして本は読めるし、理想書店で種類は多くなくても本を買って読むことができます。Fujisanもあります。ばらばらなのはいやなのですが、KindleなりiBookに統一されのを待つよりも、今ある環境を試すのも一興です。

将来的にはKindleとかiBookになりそうな気がして、本棚が理想書店とかいろんなものに分散されるのがいやだったのですが、大体の本が一度読んだら2回目は読まないので、諦めたともいいます。

さて、今年の夏ぐらいから本を買って読んでいます。まず、iPadは本を読むために買ったのですが、本を読むデバイスとしては僕は気に入っています。理想書店とか、アプリとしての本も快適に読めます。ただ、オライリーからPDFを買ったのですが、PDFだけは不満がのこります。字が小さすぎるのです。ページの余白部分がないぐらい拡大されていれば読みやすいのですが、そうすると、ページをめくるときなどに不満がでます。

その次にiPhoneでも読んでみました。iPadの大きな画面で読みやすさになれた後なので、iPhoneの小さな画面で大量の文字を読むのは不可能とか、快適じゃないとか思い込んでいました。でも、iPadまでとは行かなくても、電車で立ちながら読めるし、悪くはありません。「これから正義の話をしよう」はiPhoneで読みました。

本を読むということで言えば、紙でもiPhoneでもiPadでも何でもいいです。以前にも書きましたが、強いて言えば、 横書きで読めるiPhoneとかiPadのデバイスは紙よりもいいです。

この記事では、 新しいデバイスを否定的にとらえていますが、それは自分のスタイルをデバイスに引きずられているだけのような気がします。まあ、メールなりTwitterなり頻繁にチェックするような人は、紙の本だろうと何だろうと、良くないのかも知れません。僕は、暇なときしかメールとか新着をチェックしないので、特殊なのかも知れません。逆に言えば、メールとか読んだり、Twitterを読んだりしているときは、暇つぶしをしているだけです。

と言うか、本を読んでいる最中にリンクがあったからって言ってそれをクリックしていたら、読みおわらないじゃん。

とりあえず、僕はメールもTwitterもなるべく通知させないようにしています。通知されてもすぐには読まないし。 



0 件のコメント: