ページ

2010年9月29日

Google Developer Days 2010に行ってきた

今日はGoogle Developer Days 2010があったので行ってきました。実は行くかどうか、直前まで迷っていたのですが、行くことにしました。今回は3回目の参加です。前回と前々回はGoogle IOの直後でそれをトレースする感じなので、目新しいことはあまりありませんでした。今回はGoogle IOからかなり間があいているので、どうなるんだろうと思っていましたが、良くも悪くも、予想通りかな?

午前中の基調講演は、今日のことをすべてまとめている感じもするので、これだけでもういいかな〜、と感じたりもします。オーストラリアっぽい訛りの人がいました。僕はオーストラリア人の知り合いはいないので、本当にオーストラリアかはわかりません。最初はちょっと戸惑いました。 

お昼を食べながらパネルディスカッションで「未来のソーシャルウェブを占う」というのを聞いていました。まあ、徳力さんがモデレータだったので聞いていただけです。僕はあんまりソーシャルとかは興味がなかったりします。ご飯を食べながらだったので、気軽に聞いていました。感想は、モデレータがいまいちだったような気がします。ごめんなさい、徳力さん。

その後は、「プログラミング言語Go」というのを聞きました。これが残念でした。僕の期待と全く違っただけですが・・・。登場して一年が経つので、成長の軌跡みたいなことかな、と勝手に想像していましたが、Goで簡単なアプリを作って勉強する、みたいな感じでした。一年前であればスライスがどうメモリを扱っているかとか、そこそこ面白かったのかもしれませんが、今更感があります。goroutineとかそういう話もないし・・・。まあ、勝手に期待して勝手に裏切られただけなんですが。でも、goを知らない人にはよかったと思うし、むしろ難しいかも。

そのあと、Google Storage、Prediction API、BigQueryのお話でした。これはそこそこ楽しめました。Google Storageはeventually consistencyじゃなくって、"Read-your-writes" consistencyだと言っていました。eventually consistencyはいい加減さをかっこ良く言ってごまかそうとしているものだと思っていたのですが、それに対抗しているのでしょうか?Read-your-write consistencyってあまり聞いたことがなかったのですが、ググると結構ヒットします。この記事のタイトルはこれです。


Read-your-writes (RYW), aka immediate, consistency 

うーん、タイトルからして面白いですね。Predictionはあまり興味ないのでスルーして、BigQueryは後日遊んでみます。

そのあと、何回か聞いたような気もしますが、「グーグルエンジニアの日常」と言うのを聞きました。これはまた、別のエントリにするかも。で、感想はグーグルは天国のようにも感じないし、グーグルで働きたいとも思わない、かな。確かにすごい環境だとは思うんですよね。おやつと飲み物が無料なのは当たり前として、御飯まで出るとは・・・。ちなみに、アリエルもおやつが毎日でます。 

 



0 件のコメント: