ページ

2010年9月3日

コンソールだらけの驚愕の事実

9月になったことだし、会社に新しい人が入ってきました。入って最初にすることは、開発環境の構築です。もともとの開発環境の大本を作ったのは僕ですが、その後、誰かに引き継いだ後、どうなったのか見てきませんでした。僕が作ったときは、Eclipseからすべてを行う手順になっていました。

新しい人が困ったように作業しているのを後ろから眺めていると、黒いDOS窓が見えます。何をやっているのか不思議です。新しい人の隣に座っている人にちょっと作業をお願いして、作業が終わるの待っている間に新しい人が何をしているのか見ていました。

「でぃぷろいって言うのがエラーが出てできないんですぅ」と。「どれどれ見せてみ」 と見てみると、TomcatがProgram Files以下にあって、パーミッションではじかれています。まあ、誰でも書き込めるように設定して終わりなんですが、製品のビルドとかディプロイをコマンドラインからやっています。ビックリです。今でも僕はEclipse上からすべて作業しています。まあ、僕の場合は、インストーラでtomcatをインストールしないし、Program Filesの下にはいれないし、そもそも、tomcatが5匹ぐらいいるし・・・。まあそれは置いておいても、コマンドで操作しているのは驚きです。

数年ぶりにドキュメントをみると、おー、コマンドラインからビルドしろって書いてある(僕が書いたんじゃないよ)。しかも、DOS窓は管理者権限で起動しろだと・・・。 あり得ない・・・。Eclipseからビルドすれば、エラーがあればすぐに修正できるし、そのままデバッグもできるし。

まわりを見回してみると、みんなコマンドラインからビルドしているらしい。変態の集団だ。まあ、時々Eclipseが遅くなったりするので、それを回避してさっさと開発できるようにするためらしいですが・・・。 



0 件のコメント: