ページ

2010年8月5日

ホリエモンの「拝金」を読んだ

最近、ホリエモンの「拝金」を読みました。文章がつたないな〜、と思うところがあったり、そこはもう少し詳しく知りたいな〜、と思ったりするところもありますが、すんなりと読めて楽しめました。

紙の本じゃなくって、iPhoneで読んだのですが、意外と読みやすかったです。まず、最初は僕はこの本を買うつもりは全くありませんでした。でも、ホリエモンが小説を出すらしい、最初の方はブログに載っていてタダで読める、と知ってとりあえずブログに載っているタダで読める分だけを読みました。多分、これが間違いの始まりです。途中まででもちゃんと読んじゃうと、多少つまらなくても最後まで読んでみたくなります。でも、この本はつまらないと言うよりは面白い方です。少なくとも僕は好きです。なので、気がついたら買っていました。

買うときなんですが、iPhoneで本を読んだことなかったので、読みにくいんじゃないかな?ととても不安でした。iPhoneのアプリだと1000円ぐらいするし・・・。iPadにちゃんと対応していれば迷わなかったのですが・・・。でも、紙の本を買っても読んだらゴミになるのでiPhoneでがんばって読むことにしました。 

iPhoneで読んでみると、意外と読みやすいです。紙の本だとどれくらいの分量になるか知りませんが、全然ありです。これは新鮮な驚きでした。それから、文字の大きさを変えられるのはもちろん、ちゃんと横書きで読めるのがいいです。うん、やっぱり縦書きより横書きの方がいいです。キリッ。

で、ホリエモンの術中にはまってるな〜、と思いつつ、ある程度はタダで読ませてある程度納得させてから、全体のコンテンツを有料で読むというのはいいモデルだと思います。紙の本でも、書店である程度立ち読みして吟味できるかも知れませんが、自分の部屋なり落ち着いた場所や好きな時間に試せるのはいいです。この本に限らず、もっと多くの本がそうなればいな。数学ガールとかも、そういうモデルですね。 

でわでわ、夏は読書感想文の季節なので、良い読書を・・・。




0 件のコメント: