ページ

2010年7月30日

夏休みは昼寝をしたかっただけなんだ

今週は夏休みで南の島に行ってきました。南の島は大好きで、大体夏休みは南の方に行きます。暑いときになぜ、わざわざ暑いところに行くんだと、会社の人が言っていましたが、南の島はそれほど暑くはありません。紫外線は強いですが、木陰にいればとても過ごしやすいです。なのですが、今回行った島はずっと、曇ったり雨がぱらついたり、ときどき青空でした。ずっとそんな感じらしいです。ときどき雨がぱらついたり、スコールが降ったりするので、とても涼しいです。と言うか、ちょっと肌寒いときもあります。

さてさて、南の島で強制的に船に乗せられて島々に連行されました。僕は乗り物の中で船が一番嫌いです。船に揺られながら海と空と雲をみて、何も考えないようにしていました。まさに修行です。船の上で楽しそうにしている人の気が知れません。景色はきれいなんだけどね・・・。

で、南の島でクラゲを見たり、シュノーケリングして珊瑚をみたりしました。クラゲをみて癒し効果があるとみんな口々に言いますが、僕はあんなものじゃ癒されません。クラゲが沢山いるのはそれはそれですごいんだけど、癒されるとかそういうのとはちょっと違うかな。クラゲは光合成をしているらしいので、ちょっと解剖して顕微鏡で覗いてみたくなりましたが・・・。それから、淡水だと思っていたら海水だったのには驚きました。珊瑚や魚もきれいで凄いです。シュノーケリングは好きです。

でも、僕が一番楽しかったのは、お昼ご飯を食べによった無人島で、遠浅の透明な海が広がる白い砂浜の木陰で、ランチのあとに昼寝をしていた時です。子供はガイドの人がサメをみに連れて行ってくれていたので、のんびりとできました。南の島に毎年行きたがっていたのは、ビーチで昼寝がしたかったんだと、悟りを開きました。 



0 件のコメント: