ページ

2010年6月9日

iPhone4は多分、買わない

iPhone 4が発表されました。デザインは3GSよりも好きですが、名前の後ろの数字は2Gとか3Gとか、携帯の世代だと信じて疑わなかったので、びっくりです。で、事前のリーク情報のままだったので、目新しさは全くありません。以前は情報が小出しにされて、次第に欲しくなっていたのですが、今回は一気に情報がリークされすぎて、発表の内容をみても面白くはありません。ジャイロセンサーは響きがガンダムに出てきそうで好きなんですが、それだけです。

まずは、スピードなんですが、3Gのころは明らかに遅かったので、3GSに乗り換えるモチベーションになったのですが、3GSにはかなり満足しているので、特にそれ以上を求めることはないです。会社にある1G Hzの石を積んだAndroid端末を触っていてそれほど感動しないというのも理由の一つです。どうせ、もうすぐ、会社にDesireがやってくるし・・・。

画面のきれいさは、うーん、あんまり写真とか動画をじろじろ見ることはないので、気になりません。いいほうがいいに決まっていますが、数万円もだすのはちょっと・・・。

マルチタスクは、iPhone 4のお話じゃなくって、iOS自体の方だし、カメラはブログにアップロードする用なので、今のまま、と言うか、3G相当 + AFで十分です。ビデオはほとんど撮らないし・・・。

でも、買わなくてもいいと思った最大の理由が、iPhone 4の目玉がFaceTimeとか言う未来の電話。機能自体は妥当な追加だと思うんですが、僕はほとんど電話しないし、ましてや、画像付きでなんて、興味ないです。

デザインはiPhone 4の方が好きなのですが、それだけじゃな・・・。iPadを買っていなければ買っていたかもしれません。買わないい訳を考えているだけかも知れません。 

で、マルチタスクはiPhoneにとってみれば、あれば便利だけどなくてもそんなに困りません。全体の小ささが機能的な諦めに直結しているのかも知れません。でも、iPadを使っているとある程度頻繁にアプリを切り替えたりしたくなります。割とPCに近い感覚で使うからでしょう。iPadにマルチタスクがやってくるのは待ち遠しいです。

 



0 件のコメント: