ページ

2010年6月26日

コードよりは人

ちょっと前にJavaScriptでごりごり書かれている製品に対して、「コードが見えちゃうけど、いいの?」みたいな質問がありました。回答は、とりあえず、「JavaScriptの圧縮ツールを使っているので読みにくくなっています。」と回答者はとりあえず大人の回答をしてお茶を濁していました。その二人の会話を聞いていて、文化的な違いって面白いな〜、と。

ソースコードはそれ自体に価値があることはありますが、僕はそれがたとえ外部に漏れたって大したことじゃないと思っています(相対的な話ね)。 それよりも、そのコードを書いた人たちの方が、ソースコードより大事です。ソースコードには、いろいろな問題を解決するためのノウハウが詰まっています。でも、そのノウハウ自体より、そのノウハウを見つけ出した人たちのほうが遙かに価値があります。

コードが外部に漏れてそれをどんなに利用したり派生しようとしても、それらを作り出した人たちよりも凄くなければ、よりいいものはできません。まあ、コードだけがあっても、ある程度の規模を越えるとどうしようもなかったりすることもありますが・・・。

何が言いたいかというと、ソースコードが外部に漏れる心配よりも、他に負けない開発力をつける方が遙かに大事かな、と。 とは言っても、開発者は、見られたら恥ずかしいから外部に漏らさないとがんばる人はいるかも知れませんが、それ以外の理由で本当に心配している人はいるのかな?開発者以外は真剣に心配してるかも知れませんが・・・ 。

 でも、もらしちゃいけいないことになっている会社のコードを、本当に外部に漏らしちゃダメよ。これは、相対的な価値の話なので・・・。



0 件のコメント: