ページ

2010年5月31日

でかいiPod Touchがやってきた

先週の金曜日にでかいiPod Touchこと、iPadが届きました。いろんなところで、凄いとか、いいとか、そんなエントリばかりです。まあ、一部「かな打ち」ができないとか、とってもマニアックなものもありますが・・・。で、みんなが同じような反応ばかりなので、ちょっと批判してみたくなります。

まず、先週の金曜日はありえるえりあ勉強会(iPadでプレゼンしてます)でした。僕も最初の数分間しゃべります。一応、数枚プレゼンの資料を用意しました。もちろんMacのKeynoteで前日に作りました。メールで資料をiPadに送ってKeynoteに読み込ませると、沢山警告がでます。フォントがないというのは、まああきらめが少しだけ付きますが、やっぱりもう少し増やして欲しいです。一部のエフェクトが効かないとかもハードウェアスペックを考えれば我慢ができます。でも、変なオブジェクトが表示されてそれを消せなかったり、画面全体が灰色になっていまいちだったり、ハードウェアスペックとは関係ないエフェクトがなくなったり・・・。さんざんです。iPad上で修正しようとしましたが、割と大変だったので、PPTにMacで変換させてからiPadのKeynoteに食わせると、大体いい感じです。ちょっとだけ修正しないといけませんが・・・。MacからKeynoteのフォーマットで出力するときもうちょっとなんとかならないものかな?同じ会社のプレゼンツールとしてはいまいちの連携です。

それから、キーボードが使いにくいとかは、慣れの問題で、そのうちかなり慣れそうです。でも、ブログを更新したくてもiPadでは更新できません。ここのあすなろはもちろん、個人のブログのbloggerもリッチテキストエディタが使われています。会社の製品で使っているckeditorもそうですね。で、このリッチテキストエディタに文字を入力することができません。これは、iPhoneも同じなのですが、iPhoneだと我慢できますが、iPadではむりです。ネットブックの代替的な位置づけだからかもしれません。ブログの更新もまともにできないようでは困りものです。

で、批判ばかりだと何なので、Flashの話。僕がみるサイトはほとんどFlashが使われていません。使っていても広告だったりするので、特に困りません。動画(ポルノじゃないよ)でFlashが使われていたりすることもありますが、 よっぽど気が向いた時じゃないと見ないので、気になりません。と言うことで、まあ、Flashがなくてもいいかな。多分、Linuxを使っているときに長年、Flashがサポートされていなかったり、不安定だったりしたせいで、免疫ができているのかも知れません。

まとめると、情報を見るデバイスとしてはいいね。 



0 件のコメント: