ページ

2010年4月21日

社内Twitterもよく分からない

数年前に社内ブログが流行りました。今もそこそこ使われているのかも知れませんが、僕は否定的な見方です。ちょっと前はSNSの影響で社内SNSがブームというか、社内SNSができないかという問い合わせが増えました。今でもたまにあります。社内ブログを否定的に見ていましたが、メジャーにならないだけで、特定の分野にはマッチすると思っています。

社内SNS?これは、完全に駄目でしょう?会社の中のある人は、「会社の中で仲良しごっこして何が面白いんでしょう?」と言っていました。これはさすがに言い過ぎで、ある程度までは機能すると思いますが、ほとんどニッチだと思っています。

社内Twitter?特にchatterなんですが、これがとても微妙です。いいとも言えないし、悪いとも言えない。会社の開発部長は、「salesforce内の更新情報がすべてフィード的に一覧できる機能です 」と常人にはよく分からない先入観を持っていましたが・・・。

で、使ったことがないのでよく分からないのですが、Twitterだと数十人フォローすると、全部の発言を僕は読み切れません。まあ、全部読むつもりも最初からないです。社内で一定人数の人の発言を読み切れるかと言うと、難しいんじゃないかな?Twiiterではないですが、社内では開発の20人ぐらいでSkypeのチャットを使って割とリアルタイムのやりとりはしています。でも、最初はおもしろがって読もうとしていましたが、一日で無理だと思って、気分転換にしか見ていません。ある一定人数までは機能すると思いますが、ずっと画面を見続けている暇人でない限り、本当に機能するか疑問です。特に@itにあった事例は眉唾ものです。

と、否定的なことを書きましたが、そこにすべての情報が表示されて、それをフィルタリングできる仕組みがあれば面白いのかも知れません。Twitterでもbotがブログなどの更新情報を教えてくれたりします。もっとリアルタイムにフィルタリングも簡単に社内の情報を教えてくれたら便利かも知れません。でも、そんなことが必要な情報量、組織規模がどんなものかは分かりません。

よこたんが比較的大きな企業での可能性をみていますが、僕は比較的小さな企業のほうが可能性が高いかな?と。ちなみに、零細企業ではないです。でも、ひょっとしたら、Twitterほどの流量はないので、大きな企業でもなんとかなるのかもしれません。

で、社内ブログでも思っていたのですが、社長とか偉そうな人が読むところに気軽に書き込めるんだろうか?僕の書き込みをしゃちょーとかぶちょーが何も発言しないで読んでいると思うと・・・。



0 件のコメント: