ページ

2010年2月9日

会社のPCをWindows 7にした

会社のPCをVistaからWindows 7にアップグレードしました。6時間の苦行でした。僕のMacBookのSnow Leopardへのアップグレードは1時間ほどだったので、実に6倍の時間です。素敵なものは簡単に手に入らないという教訓です。

さて、一番困ったのは、Ctrlキーの位置が左下になってしまったことです。Ctrlキーの位置はAの左と相場が決まっています。いろいろ試行錯誤したのですが、結局Ctrl2Cap v2.0というソフトでないとCtrlキーとCapsがスワップしてくれませんでした。これを展開して、管理者権限でターミナルを開いてctrl2cap.exe /installを実行して再起動、と言う手順になります。

次にcygtermを起動すると変な(本当は変じゃないんですが・・・)ウィンドウが二つあらわれます。teraterm proをアップデートしても変わらず。で、cygwinをふるーいものから1.7.1にアップデートすると、変なウィンドウも現れずに、ちゃんと動きます。Windows7でCreateProcessの振る舞いが少し変わったらしいです。

あとは、多分、そこそこ動いていると思います。僕はFirefoxとIEとThunderbirdとHidemaruとCygterm(cygwinのため。TeraTerm本体は使わない)とSafariとChromeとEclipseぐらいしか、会社では使わないのでそれいじょうはよくわかりません。EmacsとかはWindowsではつかいません。

0 件のコメント: