ページ

2009年8月29日

Snow Leopardとイーモバイル(D31HW)

Snow Leopardにしてから、ふと、イーモバイルのD31HWをさしてネットに繋ごうとすると、あれ?動きません。D31HWは今は、イーモバイル付属のソフトではネットにつながらないので、ダイヤルアップで使っています。こっちの方がデバイスの認識が速かったりするので、USBデバイスをさしても付属のソフトが勝手に立ち上がらないようにするにはどうすればいいのでしょう?

さて、イーモバイルがちゃんと動作しないので、困ったなー、と思ってモデムの設定をみると、Leopardのときとどこか設定が変わっちゃっています。 製造元がHなんとかだったような気がするのですが、いません。とりあえず、製造元を「一般」、機種を「Dialup Device」、ダイアルを「トーン」にするとちゃんとつながりました。

なんだか、ドライバがいなくなっちゃったのか?まあ、動くからいいです。 



2009年8月27日

今作っているもの




今作っているも。こんな感じ。うーん、まだ、単なるGoogle Readerのクライアントで、画像は適当にダウンロードしてきたもの。基本的な機能ができたので、次に自分が欲しい機能を作って行くのかな。多分、Macでしか動かない・・・。

自分の欲しい機能
  • いらない広告は消す
  • 本文全体をとってきてほしい
  • 未読が沢山ありすぎると、似たエントリをまとめて一つにしちゃいたい。
  • Goolge Readerの英語版にあるSend Toとかが欲しい。と言うかGoogle Readerでできることは大体できるようにしたいけど、欲しい機能はStarだけかも。
  • 検索機能を忘れているよ。
  • オフラインでも、なんとかしたいなー。
それから、アプリケーションにアイコンをつけるのはどうやればいいのだろう?

Komodo Editのプラグインが消えた

Komodo Editを閉じて立ち上げなすと自分でインストールしたプラグインたちがどこかに言ってしまわれました。そしてかえってきませんでした。設定もなくなっていました。仕方ないので、プラグインをインストールし直しました。でも、Komodoのプラグインはもともと数が多くないし、どうしても必要なのって二つぐらいしかないので、まあ、あまりいたくありません。設定もそれほど変更していないし・・・

でも、悲しいです。

2009年8月20日

PyHyperEstraier 0.10.10

送られてきたパッチをあてて行って、いつの間にか、PyHyperEstraier0.10.10になりました。0.10.9はどこにもアナウンスしていなかったかもしれません。

0.10.10で、文字列をdecodeするときに'replace'のフラグを追加したのですが、なぜ、これが必要かは僕はよくわかりません。アナウンスを忘れたかもしれない0.10.9ではスニペットに空行があるとパーサがエラーを起こすのを直しています。

でわでわ。

今日のおやつ

2009年8月18日

wxのTreeCtrlのSetImageListとAssignImageList

wxでTreeCtrlの各アイテムに画像をセットするにはSetItemImageを使います。SetItemImageを使うときにはあらかじめTreeCtrlにイメージのリストを登録しておいて、そのリストのインデックスで指定します。イメージのリストはwx.ImageListを使います。この人のAddでビットマップのオブジェクトを指定すれば、よい訳です。

ImageListはTreeCtrlにSetImageListでセットすると信じ込んでいました。でも、これだとSetItemImageをしたりするとBus Errorが発生して動きません。なので、SetImageListじゃなくって、AssignImageListを使わないといけません。紛らわしい。SetImageListの意味がよくわかりません。SetImageListを使う場合、

tree = TreeCtrl(...)
tree.SetImageList(imageList)
tree.imageList = imageList

とかすれば動きます。ますます、SetImageListの意味が分かりません。
動きそうなサンプルは自分で書くのは面倒なので、これ。あれ?ドメイン名にjavaとかって入っているぞ!

2009年8月14日

2009年8月10日

wxのsplitter

wxのSplitterWindowでwx.3Dでボーダーを設定しています。なんだか、Macだと見た目がかっこわるいです。もう少しかっこ良くならないのかな?っていうか、Styleに何をしていしても同じように見えます。悲しいです。ボーダーが太すぎるのです。イモトの眉毛かもしれません。

夏休み中

でも、雨だ・・・。子供が飛び跳ねている。

2009年8月9日

wx.HtmlWindow使えない・・・

お盆休みなので、子供をじじばばに預けて遊んでいます。さて、wxWidgetsでHTMLをレンダリングするのにwx.HtmlWindowがいます。このひとを使おうと思ったのですが、簡単なHTMLなら大丈夫だと信じていたのですが、いまいち。レンダリングは(とっても)変です。それは我慢します。でも、とっても遅いです。さらに困ったことは、ページ遷移せいても、前のページやそのページが持っている画像がロードされるまで次のページをロードしようとしてくれないことです。そして、Macのマウスカーソルがクルクル状態(なんて言うのか知りません)になります。悲しいです。

で、wx.WebKitという人もいます。ヘルプには「wx.webkit.WebKitCtrl for Mac OSX」とか書かれていてMacでしか使えないようです。本当か?で、この人を使うと快適です。さすがWebKitと言いたいところですが、やっぱりwx.HtmlWindowがダメすぎです。

そんなこんなで、WebKitを使うことに・・・。でも、今作っているのはNetBookで使いたかったんだけどな。まあ、いいや。Geckoも使えたような気がするので、そっちを探そう。

2009年8月6日

アプリケーションが終わらない・・・

TwsitedとwxPythonの組み合わせですが、メニューから終了するときにreactor.stop()してもと待てくれないことがあります。wxreactorはスレッドを自前で作っていたような気がするので、どっちかのスレッドがちゃんと終わらないようです。常にじゃないんですが・・・。Macだからかもしれません。仕方ないので、sys.exit()。凶悪だ・・・!

2009年8月2日

iDiskは遅いけど、とっても遅い訳ではなかった

iDiskが遅いと文句をたれていましたが、それはプロキシ越しにアクセスしていたからっぽい。直接コネクションをはれるところだと、遅いことは遅いけど、めちゃくちゃ遅い訳ではなかった。なので、同期をとるときはプロキシを経由しなければそれほど、ストレスを感じなくてすみそうです。

でも、やっぱりデータの同期はUSBメモリ経由でいいかな?と思う今日この頃。