ページ

2009年6月5日

wxGladeは・・・

wxGladeを使ってみました。GUIで、配置・設定できるウィジェットの数が少ないです。まあ、必要最小限のものはそろっていますが。GUIでぺたぺた貼付けて、ぽちぽち設定をして、とりあえず、Pythonのコードを生成しました。動かない・・・。なんだか、途中で間違って設定したものの状態を覚えているようです。なおりません。しかたないので、生成した方のコードを直せば動きます。あたりまえか。それ以外にもwxGlade落ちるし・・。

wxFormBuilderというのがいて、この人もwxGladeみたいなことができます。こっちの方がUIはすっきりしていて好きです。また、サポートしているウィジェットの数も多いです。でも、こっちはPythonのコードは生成できません。C++だけです。

wxWidgetsでXMLの情報からGUIを構築できたような気がしたので、調べてみるとXRCというのがそのフォーマットらしいです。wxPythonからも使えます。PythonのコードをwxGladeで生成しても、結構見にくいし、GUIを変更したらソースコードも上書きされちゃたりするし、メンテナンス性がわるいです。なので、ここはXRCでいきます。ふふん。そうすれば、ソースコードはロジックに専念できるし、グラフィカルなものはXMLに追いやって、メンテナンスはGUIでごにょごにょできます。便利そうです。
なので、それでいきます。ちなみに、XRCはwxGladeもwxFormBuilderでも生成できます。

0 件のコメント: