ページ

2009年6月23日

MSのすてきなセキュリティ向上手法

MSのIE8ですが、httpsのサイトの中にiframeとかでhttpのサイトが表示すると、セキュリティの警告がでます。警告が出ること自体はIE6や7など昔からある機能です。でも、IE8の警告は以前のものとはちょっと違います。

セキュリティで保護されたWebページコンテンツのみを表示しますか?
と聞かれて「はい」「いいえ」の選択肢があります。IE6や7は似たようなメッセージがでて「はい」を押すと表示されました。無意識にIE8でも「はい」を押しても何も表示されません。以前はセキュリティで保護されていないページも表示するか聞いてきていて、IE8からはセキュリティで保護されたページだけを表示するか聞いてきて、微妙に変わっています。

あまり、「いいえ」をおすことはないので、セキュリティの向上させるためにいい手かも知れません。でも、ほとんどの人がこんな微妙な表現の違いは認識できないような・・・。僕は一時間ぐらいかかりました。

0 件のコメント: