ページ

2009年3月5日

Web SphereのサーブレットをEclipseでデバッグ

IBMのWebSphereはいろいろ困ったちゃんですが、お友達が売ったりもしているので無下にはできません。さて、WebSphereで動いているWebアプリケーションをデバッグしたいのは人の世のツネです。なので、チップス。

WASの設定
まずは、WASの設定です。管理コンソールを開いて、[サーバー]-[アプリケーションサーバー]からデバッグしたいサーバを選択します。次に[デバッグ・サービス]をクリックします。[サーバー始動時にサービスを使用可能にする]にチェックを入れて保存します。各項目はデフォルトのままで。

Eclipseの設定
メニュー[Run]の[Debug Configuration]を開きます。左のペインの[Remote Java Application]をダブルクリックします。新しい項目にConnection Proptertiesでサーバのホスト名とポート番号(7777)を指定して[debug]ボタンを押せば、リモートのWebアプリケーションをデバッグできます。でも、リモートでデバッグするとやはり、ちと重い



0 件のコメント: