ページ

2008年9月30日

ケータイ小説を読む

世間では「あたし彼女」というケータイ小説が流行っているらしいです。いろんなところでほめられたりけなされていたりします。けなしている人も,全部読んだ訳ではなさそうです。こういうものは全部読んでからじゃないと語るべきではないと思っているので,全部読みました。会社のTさん(女性)もまだ,半分ぐらいしか読んでいないそうです。anakaさんに至っては5ページぐらいらしいです。勝った。

読んでみて,これはこれでありなんじゃないかな?ただ,小説と言われると違和感があるけど,新しいジャンルとしてならいいかも。まあ,これを全部読んだので多分,もうケータイ小説と言うものを読まないとは思いますが。ちなみに,そこそこ面白かったです。昔,「サラダ記念日」と言う本があって,そのときも,いいと言う人と悪いと言う人がいましたが,まあ,似たような感じかな?昔の僕であれば,悪いと言っていると思いますが,今はあまり否定しません。凄くほめている人もいますが,それはどうかな?

で,性的な話が多いとか言う人もいますが,どうなんでしょう?学生のころ好きだったホイットマンの方が凄いぞ。じゃなくって,それにくれべたら,まあ,かわいいものでしょう。

まあ,好きになれない人は好きになれないだろうな・・・。

0 件のコメント: